「感じたくないって思えば思うほど…ナカッ…意識しちゃって…!」――私、清水葵は同じ映画研究部に所属する熱心な部員、佐藤君と密かに付き合っています。ある日人気のない部室で彼と良い雰囲気になるのですが、それを謹慎明けの不良な先輩に見られ、写真まで撮られてしまいました…。それをネタに脅された私は、彼を守るために先輩とアヤマチを犯します。「仕方なくされてるのに、佐藤君じゃないのに…わたし…どうしてっ…」先輩の要求はエスカレートして、ついには佐藤君にあげたかった私の初めてまで…こんなの嫌なだけなのに、なんで私のナカ、ジンジンしちゃうの…?佐藤君、ごめんね…わたし…ッ、ごめんねっ…
WEB SERVICE BY FANZA